お花には人の気持ちを優しくしたり、人を元気にさせる力があります。

 

お見舞いに持って行くお花は、「早く元気になってね」という、あなたの気持ちを届けてくれます。

 

でも、お見舞いに持って行くお花には少しだけ気をつけたい点があります。

 

どの様なお花を、どんなタイミングで持って行くと良いのか、マナーや相場について見ていきましょう。

 

 

アレンジメントがお勧め!

病院にお見舞いに行く場合、お部屋に花瓶があるかどうかまで分かりませんよね。

 

その場合は、花瓶を必要としないアレンジメントをおすすめします。

 

アレンジメントとは、カゴなどの器に給水スポンジをセットし、切り花を活けてあるものを言います。

 

花束と違って花瓶に活け直す必要がありません。

 

受け取った後は、すぐにそのまま飾れるというのがアレンジメントをおすすめする理由です。

 

病室が大部屋だったり、個室でも置くスペースがあまり広くない場合も考えられますので、あまり大きくなり過ぎないように気を付ける事も必要です。

 

ご自宅にお見舞いに行く場合でも同様に、手のかからないアレンジメントを持って行くことをおすすめします。

 

お花の相場は?

余り大きくなりすぎない、という点からも3000円~5000というのが一般的です。

 

個室で飾るスペースが十分にあると分かっている場合には、10000円前後のお花を持って行く場合もあります。

 

お花の種類は?

特に『お見舞いに向くお花』、というお花はありませんので、綺麗だなと思うお花らしい花を選ぶと良いでしょう。

 

淡いピンクのお花

色味でいうと、淡いピンク系は優しい雰囲気で、気持ちを落ち着かせたり、和やかな気分にしてくれます。

 

オレンジ色のフラワーアレンジメント

明るい黄色やオレンジ系は、ビタミンカラーとも言われる様に、人を明るく前向きの気持ちにしてくれたり、元気をくれる色です。

 

ただ、ユリに代表されるような香りの強いお花は避けるのがマナーです。

 

お花選びを花屋さんにお任せする際には、お相手の年齢や性別を伝え、アレンジしてもらいましょう。

 

 

タイミングは?

お見舞いのお花を贈るタイミングは、入院の直後や、手術の前後などを避けるのが一般的です。

 

病状が快方に向かいだした頃にお持ちするのが、喜ばれるでしょう。

 

 

気を付けるべき事

 

鉢植えはタブー

たとえお相手の方が、お花を育てるのが大好きな方だとしても、鉢植えを贈ることは避けてください

 

鉢植えには、根っこが付いています。

 

「根が付く」=「寝つく」と言葉の音が同じなので、「病気が長引く」と連想してしまうからです。

 

その他、気を付けるべき事

特に難しく考える必要はありません。

 

あなたの事に置き換えてみて下さい。

 

せっかくお見舞いにお花をもらっても、自分でお花を活けられなかったり、花瓶がなかったりすると困りますよね。

 

アレンジメントでお花をいただいても、置き場所に困るサイズだったらどうしましょう?

 

体調のすぐれないときに、香りの強い花があるとどう感じるでしょうか?

 

少し体調が回復してきたときの方が、お花を見て美しいと感じる余裕が出てきたり、お花を見て和めるのではないでしょうか?

 

お見舞いのお花選びで気を付けるべき点は、お相手のことを思ってお花を選ぶと自然に見えてくるでしょう。

 

 

まとめ

お花を見て怒る人はいません。

 

お花を見て心が苛立つという人もいないでしょう。

 

お花は人の心を和ませたり、人を笑顔にしたり、元気にしてくれたりします。

 

だからこそ、お見舞いに行く時の「早く元気になってね」というあなたの気持ちを伝える、とても良い手段となってくれます。

 

心を和ませてくれる様な優しい色のお花、元気をくれるような明るいお花。

 

お相手のことを思って選んだお花は、きっとあなたのお相手を思う気持ちを伝えてくれます。

 

先日祖母のお見舞いに行ったときに気になったことがあるので、追加します。

 

アレンジメントを購入すると、お店によっては透明セロファンでラッピングしてお渡しすることがあります。

 

そのラッピングごとアレンジメントが飾られているのをいくつか目にしました。

 

そのセロファンは、例えばアレンジメントを紙袋に入れ持ち運ぶ際にお花が擦れてしまうのを防ぐためや、

そのセロファンにお店のシールやリボンをかけて包むことが目的です。

 

ですから、アレンジメントを飾る時には必ずそのセロファンは外してください。

 

そのままにしておくと、お花が蒸れて傷みやすくなってしまいます。

 

お見舞いで病院にアレンジメントを持って行った時など、お相手の方がラッピングを外しにくい場合には、お渡しする時にお声がけしたうえでラッピングを取って飾って差し上げた方がいいかもしれませんね。

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事