カゴなどの器に、給水スポンジをセットして、そこに切り花を活けてあるものをアレンジメントといいます。

 

アレンジメントの良いところは、お渡ししたらそのまま直ぐに飾る事が出来るという点です。

 

つまり、お花を活け直す必要がないので、お渡ししたお相手のところに、ちょうどよいサイズの花瓶があるかどうかを心配する必要がありません。

 

また、もしお相手の方がお花を活けることに慣れていなかったとしても、気軽に花を飾る事を楽しんでいただくことが出来ます。

 

器のお水が減ってくれば、足すだけ、という手軽さも魅力です。

 

 

どんな時に贈るのでしょうか?

ピンク系のアレンジメント

誕生日母の日敬老の日、など、どのようなシーンでも喜ばれます。

 

器の大きさ、活けるお花の種類、そしてご予算によって、大きくも小さくも活けることが出来ます。

大きなアレンジメント

開店のお祝い公演のお祝い、企業などのエントランスのお花や店舗のディスプレイなどには、大きなアレンジメントを作る事もあります。

 

また、花瓶に活け直す必要がありませんので、お見舞いにはアレンジメントを持って行く事が多いです。

 

予算はと大きさの目安は?

お店にもよりますが、アレンジメントは2000円~3000円からオーダー出来るところが多いです。

 

初めてアレンジメントを贈ってみようととお考えの方は、どのくらいの金額で、どれくらいの大きさのアレンジメントになるのか、一般的な相場はどれくらいなのか、という事が気になるところだと思います。

 

おおまかな金額とサイズの目安は、

3000台のアレンジメントの大きさは、テーブルの上など場所を選ばず飾ることが出来るサイズです。

 

5000円台だと、ちょっと広めのテーブルや棚など、飾るためにスペースを作ってあげた方がいい、というサイズになります。

 

10000円くらいのアレンジメントになってくると、お玄関やお花を飾る台などに置いて飾り映えするサイズです。

 

ただし、金額と大きさは、各お店によって異なりますし、使うお花の種類によっても大きく変わってきますので、あくまでも目安としてお考えください。

 

お誕生日や母の日などの一般的なプレゼントの場合は、3000円~5000くらいのご予算で注文されるお客様が多いです。

 

このあたりの価格帯のアレンジメントは、手提げの袋などに入れて持ち運びが可能です。

 

開店祝いのように少し改まったようなお祝い事や、豪華に贈りたいお誕生日などのプレゼントの際には、10000円台のアレンジメントを注文されます。

 

10000円を超えるアレンジメントの場合は、手で持ち帰るのは少々難しいので、ご自身でお持ち帰りになる場合はお車で運ぶか、配達が必要となってきます。

 

 

その他の注意点

アレンジメントの外側を透明セロファンのようなものでラッピングしてお渡しするお店もあります。

 

そのままにしておくとお花が蒸れる原因となってしまいますので、外側にラッピングがあれば外して飾ってもらってください。

 

アレンジメントをオーダーすると、お客様のお好みを聞いてお花選び完成するまでに、小さなものでも15分ほどかかります。

 

私のいたお店もそうでしたが、街のお花屋さんの中には、店舗を一人でみているところも数多くあります。

 

ですので、お花屋さんに行く時は、時間には余裕を持ってお出かけくださいね。

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事