最近、お友達が新しく建てたお家に招待してもらいました。

 

新しいお家って本当にワクワクしますよね。

 

真新しい床や壁、おしゃれな照明機器、新しいお家ならではの明るい間取り。

 

そこでの新生活を想像すると、とってもうらやましくなりました!!

 

数ある新築祝いの中でも、お花観葉植物はとても喜ばれます。

 

どの様なお花が新築祝いとして向いているのか、見ていきましょう。

 

 

お家をやかに彩るアレンジメント

新しいお家に華やかな彩りを添えるのは、アレンジメントです。

 

アレンジメントとは、カゴなどの器に給水スポンジをセットし、切り花を活けたものです。

 

テーブルの上、お玄関、など、飾る場所を選びません

 

お渡しした後は、そのまま直ぐに飾れ、お水が減ったら足すだけ、という手軽さも喜ばれる理由の1つです。

 

一般に、ご友人間の新築祝いの相場は、5000円~10000、といわれていますので、あなたの予算に応じてオーダーしましょう。

グリーン系のアレンジメント

お家の雰囲気が分からない場合は、私の場合はグリーン多めにして明るい色でまとめます。

 

ここでいうグリーンとは、黄緑から緑がかったお花や、葉っぱのことです。

 

グリーンを多めにしておくことで、ラブリーな可愛らしい家、すっきりとした近代的な家、レトロな雰囲気を残した和風モダンな家、どのようなお家の雰囲気にもぴったりくるからです。

 

お花に限らず言えることですが、新築祝いには、火を連想させるものは避けましょう。

 

お花の場合ですと、真っ赤なお花は、新築のお祝いには向きません

 

 

 

インテリアとして喜ばれる観葉植物

リビングに置いた観葉植物
インテリアとして、長く飾っていただけるのは、観葉植物です。

 

観葉植物とは、主に葉の美しさを楽しむ、鉢植えの植物です。

卓上サイズの観葉植物
大きさも卓上サイズから、人の背丈を超すものまで、様々な種類があります。

 

鉢植えは、「根っこが付いている」=「根付く」と、新しい生活が根付くという意味で、縁起がいいですので、新築祝いにはぴったりです。

 

 

贈る時の注意点

観葉植物には、ある程度の明るさが必要です。

 

直射日光の当たらない、明るい場所が最適です。

 

また、植物ですので大なり小なり必ず成長します。

 

少しゆとりのある置き場所を確保できるのかどうかを、事前に確認しておきましょう。

 

観葉植物を植える植木鉢や鉢カバーにより、同じ植物であっても雰囲気はずいぶん変わります。

 

観葉植物はインテリアとして長く飾るものです。

 

贈る際は、お相手の好み、お家の雰囲気、飾るためのスペースなどを相談してから購入しましょう

 

 

まとめ

引っ越しという新しい出発を、気持ちよくお祝いしたいですね。

 

お花の贈り物は、インテリアとして形の残るものと、形は残らないものの、2つに分かれます。

 

観葉植物などの形の残るものの場合は、相手のお好みをしっかりと把握してから贈りましょう。

 

アレンジメントなどの切り花の贈り物は、場を華やかにしてくれます。

 

そして、形こそ残りませんが、記憶には残ります。

 

お花のプレゼントって、案外よく覚えられているものです。

 

たとえお花に詳しくなく、花の名前が分からなかったとしてもかったとしても、「あの時、こんなお花をもらったなぁ。」と思い出すことが出来ます。

 

形の残るものを贈るか、残らないものを贈るかは、価値観にもよりますし、どちらがお勧めとは言えません。

 

引っ越しという新しいスタートに、生き生きとしたお花や植物は彩りを添えてくれます。

 

アレンジメント、観葉植物、いずれの場合も、相手のことを思って選ぶと、最高の贈り物になりますね。

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事