6月の第3日曜日は父の日です。

 

母の日に比べるとやや印象の薄めな父の日ですが、お父さんにもちゃんとありがとうを言っていますか?

 

毎日忙しく頑張っているお父さんに、父の日には感謝の気持ちを伝えましょう。

 

父の日の人気のギフトと言えば、お酒やお取り寄せグルメ。

 

ビジネスの場で使うネクタイや名刺入れ。

 

ゴルフなどの趣味のグッズなどがまず思い浮かびますね。

 

今までに様々なプレゼントを贈った事があり、今年は何にしようかと迷ったときは、お花のプレゼントはいかがでしょうか?

 

男性にお花をプレゼントするという選択肢がなかった方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、お花をもらって嬉しくない人なんていないのは男女共通です!

 

カッコいいお花で、お父さんに感謝の気持ちを伝えましょう。

 

お父さんもきっと笑顔になるでしょう!

 

 

お父さんに似合うお花

 

オシャレでカッコいいお父さんにはバラが似合う!

母の日を象徴するのが赤のカーネーションなら、父の日を象徴するのは黄色のバラです。

黄色のバラ

黄色のバラのみの花束もシンプルで素敵です。

 

オレンジやグリーンといった色と合わせると、すっきりとした印象で、甘くならずに、男性に似合うカッコいいお花の組み合わせになります。

黄色のバラメインの花束を作っているところ

バラはアレンジメントにして渡しても、花束で渡しても間違いなくおしゃれなお花です。

 

アレンジメントとは、カゴなどに吸水スポンジをセットして、そこにお花を活けてあるものです。

黄色のバラメインの黄色系のアレンジメント

 

花束とは、切り花をまとめてラッピングし、リボンをつけてあるものです。

 

おしゃれで素敵な自慢のお父さんには、バラをメインにしたお花がおすすめです。

 

 

元気で明るいお父さんにはひまわりを

元気で明るいイメージのひまわりは、明るくスポーティなお父さんにすすよく似合います。

 

父の日の頃には、切り花のひまわりはお花屋さんにたくさん出ています。

 

お花は生き物なので天候や仕入れ、流通の事情もありますが、タイミングが良ければ典型的な黄色のひまわりの他、オレンジっぽいひまわり、お花の真ん中の茶色い部分がなくて中央まで黄色いひまわり、など様々な品種のひまわりに出会えます。

中央まで黄色のひまわり

切り花としてお花屋さんに並ぶひまわりは、あなたが小学生の頃学校で育てたひまわりや、ひまわり畑のひまわりより、花自体の大きさは少し小ぶりです。

 

ですので、ひまわりはアレンジメントにして贈っても、花束にして贈っても素敵です。

 

ひまわりをメインに持ってきた時も、黄色系やオレンジ系、グリーン系の他のお花と組み合わせると、ひまわりの美しさを際立たせることが出来て華やかに仕上がります。

ひまわりの花束

夏が似合う明るく元気でアクティブなお父さんには、ひまわりがおすすめです。

 

 

優しいお父さんにはガーベラを

ガーベラはとても色のバリエーションが豊富です。

 

淡いオレンジややわらかい黄色を選べば、とてもやさしい雰囲気になります。

黄色やオレンジのガーベラ

アレンジメントの場合は、選んだガーベラと同系色の他のお花や、グリーンのお花や葉っぱを合わせてふんわりとした仕上がりにするとよいでしょう。

オレンジのガーベラがメインのアレンジメント

 

花束の場合は、ガーベラだけをキュッとまとめても素敵です。

 

優しいお父さんには、ガーベラの優しい雰囲気が似合います。

 

 

 

威厳あるお父さんには、蘭はいかがでしょうか?

厳格できちんとしたお父さんには、胡蝶蘭をはじめとしたの鉢植えはいかがでしょう。

胡蝶蘭

鉢植えの蘭は、お花を楽しめる期間がとても長いです。

 

開店のお祝いなどで見かける様な大きな胡蝶蘭だけでなく、ご家庭でも飾りやすい少し小さめサイズの蘭の鉢植えもあります。

 

蘭といえば高級感のあるお花の代表格ですので、義理のお父様へのプレゼントにも最適です。

 

 

ご予算は?

私の働いていたお花屋さんの場合、父の日のお花のプレゼントご予算は、30005000というお客様が多かったです。

 

しっかりとした贈り物をしたいというお客様の場合のご予算は、10000くらいでした。

 

もしあなたが初めてお花を贈るのなら、どのくらいの金額を出せば、ご自身がイメージしている大きさのお花が出来るのかが一番知りたい事だと思います。

 

お花の贈り物の場合、金額と見た目の大きさとが必ずしも比例しないので、サイズ感の目安を説明するのはとても難しいのですが、

そこをあえて文字にしてみます。

 

アレンジメントや花束の場合

肩ひじ張らない気軽な大きさで、3000~。

 

堂々とした雰囲気にするならば、5000~。

 

高級感のある贈り物という雰囲気は、10000~。

 

となります。

 

あくまでも私の思う目安で、お花の価格は地域やお店のある場所で多少は変わってきます。

 

鉢植えの蘭の場合

飾りやすいコンパクトなサイズの鉢植えの蘭で、10000~が目安となります。

 

蘭は種類もサイズも豊富ですし、鉢植えは実際にお店に現物がありますので、金額のイメージがつかみにくい時は、店頭で見てみたりお花屋さんに相談するのが一番良いでしょう。

 

 

まとめ

お花のプレゼントは男性にも喜ばれます。


実際、私はお花屋さんで働いていた時、男性向けの花束がすごく得意でした。

 

お花は甘すぎないきりっとした色合わせにし、グリーン(葉っぱ)を女性向けより気持ち多めに使って花束を作り、

シンプルですっきりとしたラッピングにすると、男性が持つとすごく素敵な花束が出来上がります。

 

父の日のアレンジメントや花束も、黄色やオレンジをメインにグリーンのお花や葉っぱを合わせてすっきりとまとめるのが綺麗です。

 

スッキリとしたカッコいいお花には、忘れずにありがとうの一言を添えましょう!

 

普段なかなか言えない、お父さんへの感謝の気持ちがきちんと伝わりますように。

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事