つぼみの多い花材を活ける

今週の定期配達のお花は、つぼみの状態で届いたお花が多いです。

 

寒い時期ですので、開花するのに時間がかかるかもしれませんが、その経過も楽しめたら最高です。

 

お花の紹介

木五倍子(キブシ)

まず枝物は、木五倍子(キブシ)です。

 

枝から出ている緑色の部分がお花で、今はまだつぼみの状態です。

 

木五倍子

今の状態からは想像しにくいですが、ブドウの様に枝から垂れ下がって咲くお花です。

 

この木五倍子(キブシ)が3本。

 

 

LAリリー

メインのお花は、ユリです。

 

こちらもつぼみなので、色が分かりにくいですが、オレンジのお花です。

 

丈も長めで、茎も非常にしっかりしています。

 

ユリは2本入っています。

 

 

菜の花

サブのお花は、菜の花です。

 

こちらも同じくまだつぼみで、ちょっとお花のイメージが湧かないかもしれません。

菜の花

春の訪れを告げるニュースなどで、一面の菜の花畑が映ったりします、あの菜の花です。

 

お雛祭りには、桃のお花と一緒に活けることの多い黄色のお花です。

 

こちらも2本。

 

 

シンビジウム

更にピンクのシンビジウムまで。

 

豪華です。

 

レースフラワー

ニュアンスを出す感じで、レースフラワーが1本。

 

細い茎が放射状に枝分かれして、細かいお花が咲いていて、全体のシルエットはまるで花火のようです。

 

花束

お花屋さんでは、ミニブーケに入れて使うととても喜ばれるお花です。

 

 

最後に葉物は、もう何度も紹介している、ドラセナ・ゴッドセフィアナが2本です。

 

今回のお花は、つぼみの物がとても多く、活けた直後はちょっと地味かもしれません。

 

そして、お花が咲いてくると重心が高くなってくるため、活け替えた方が良いでしょうね。

 

花器を選ぶ

今回は、とても生け花らしい花材の選択です。

黒の楕円形の水盤

ですので、花器も定番の黒の楕円の水盤を選びました。

 

ユリやシンビジウムなど、豪華な素材を引き立たせるシンプルな花器です。

 

お花を活ける

木五倍子を活ける

まず、枝物の木五倍子(キブシ)から活けます。

 

同じ枝物でも、枝ぶりの太い・細いやまっすぐ・曲がっているなど、個性がありますので、じっくり観察して、それぞれの枝に似合う位置に、美しく見える方向を見極めて、枝を活けていきます。

 

ユリを活ける

次に、ユリを活けます。

 

今回ユリは、まだつぼみの状態ですので、活ける位置を決定するのが非常に難しいです。

 

せめて1輪でも咲いていれば、長さはもっと短くして活けるところです。

 

咲いた時に活け替えるのを想定した上で、今回は1本だけ長めに残しました。

 

シンビジウムを活ける

続いて、シンビジウムを活けます。

 

シンビジウムは、お花がたくさんついていますが、お花の向きの裏表がはっきりと分かりますので、美しく見える方向を確認して下さい。

 

ユリが大きく咲くまでの間、シンビジウムを中央に配置し、焦点を当てようと思います。

 

菜の花を活ける

続いて、菜の花を活けます。

 

菜の花の黄色は、ピンクとの相性が良いので、シンビジウムの周辺に配置します。

 

ドラセナを活ける

先にドラセナを活けてしまいます。

 

お花の色を際立たせるためには、グリーンは不可欠です。

 

ユリやシンビジウムの色が綺麗に見えるように、お花の周辺に入れていきます。

 

グリーンにはその他、剣山を見えなくする役割もあります。

 

レースフラワーを活ける

最後にレースフラワーを、お花の間にベールをかける感じで入れて完成です。

 

後ろの壁が白いので、分かりにくいですが、シンビジウムの右側にふんわりと入っています。

 

まとめ

今回は、ユリがまだつぼみという事で、途中で1度活け替える事を想定して活けています。

 

ユリが大きく咲いた際には、もう少し短くカットして、たぶんシンビジウムの位置と交代するかな?と思います。

 

菜の花も咲いてくると、色の印象がもっと強くなるでしょう。

木五倍子

そして何よりも、木五倍子(キブシ)が咲いてくるのがとても楽しみです。

 

お花を飾っている玄関は寒いので、開花には日数が必要ですが、数日後にはもっと軽やかで、もっと春らしいお花に仕上がりそうです。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事