赤いバラとスパークリングワイン

いつもあなたの支えにになってくれている奥様に、今年の結婚記念日には、感謝の思いを込めたお花の贈り物はいかがでしょうか?

 

でも、どんなお花を贈ればいいのか?

 

お花を贈ってみたいと思っていても、

「お花の知識がないから分からない」、

「お花屋さんに行くのが気恥ずかしい」、などの理由で、お花を贈る事を諦めてしまった方もいるのではないでしょうか?

 

お花屋さんは敷居の高いところではありません。

 

たとえお花の名前を知らなくても、素敵なお花を贈る事は出来ます。

 

結婚記念日に夫婦で素敵な時間を一緒に過ごせるような、奥様に喜ばれるお花選びをお伝えします!

 

 

お花についての基礎知識

結婚記念日にお花をプレゼントしたいけど、どんなお花を渡せばいいのか全く見当がつかないという方も多くいらっしゃると思います。

 

どんなお花が喜んでもらえるのか?

 

お花の名前なんて知らないけど、注文できるのか?

 

相場は

 

お花の値段なんて分からないから、高い値段で買わされないかな?

 

など様々な疑問が出てきますね。

 

一つ一つ解決していきましょう。

 

 

花束とアレンジメント

切り花をプレゼントする時には、大きく分けて花束で渡す場合と、アレンジメントで渡す場合とがあります。

 

花束

花束とは、切り花をまとめて、ラッピングし、リボンをかけてあるものです。

 

お花の切り口にはペーパーに水を含ませてから包んであるので、ある程度の時間の持ち運びは全く支障ありません。

 

プレゼントをした後は、ご自宅で花瓶に活けて楽しんでいただけます。

 

ピンクのバラのアレンジメント

アレンジメントとは、カゴなどの器に給水スポンジをセットし、そこに切り花を活けてあるものを指します。

 

お花を活けた状態でお渡ししますので、お渡しした後は、そのまま飾るだけです。

 

とっても手軽です。

 

さて、結婚記念日には花束とアレンジメントのどちらがお勧めか?

 

私なら花束をおすすめします。

 

花束、アレンジメント、それぞれ共に長所があります。

 

アレンジメントの長所は、上に挙げましたように、すぐにそのまま飾って楽しめる、というところです。

 

一方、花束の長所は、贈り物らしさです。

 

サプライズで花束を渡されるという事は、女性にとって一度はされてみたいことの1つです。

 

結婚記念日に花束をプレゼントされるというのは、やはり憧れです。

女性に花束を渡す男性

 

お花の種類について

結婚記念日におすすめのお花をもし1種類だけ選ぶように言われたら?

 

たくさんのお花の中から1種類だけ選ぶとしたら、やっぱりバラではないでしょうか?

赤い薔薇の花

バラは豪華な印象のある美しいお花ですので、結婚記念日という特別感のある花束が出来ます。

 

また、バラは種類がとても豊富です。

 

様々なピンクのバラ

例えば、上の写真は全部ピンクのバラです。

 

ひとくちに『ピンクのバラ』、と言っても、ピンクの色の濃さや花の大きさ・形が違えば、お花の雰囲気はずいぶん変わってきます。

 

奥様の雰囲気にぴったりと合うバラがきっとあるはずです。

 

7本のピンクのバラ

記念日の年数と同じ本数で花束にする、という場合にもバラで作ることが多いです。

 

奥様のお好きな色、似合いそうな色のバラで結婚の年数と同じ数の本数の花束にすると素敵です。

 

花束には、例えば「バラだけの花束」の様に、1種類のお花だけを使った花束があります。

 

一方、様々な種類のお花を使う花束もあります。

色々なお花を使った花束

 

お花は無数にあります。

 

年間を通じて流通しているお花もあります。

 

先程から例に挙げているバラは、年間通じてて流通しているお花の1つです。

 

その他、ユリ

ユリ

 

ガーベラ

ガーベラ

などがあります。

 

反対にある季節にしかほとんど流通していないお花もあります。

 

例えばチューリップひまわりがそうです。

チューリップ

ひまわり

それらのお花を使用した花束は、季節感を感じ取ることが出来ます。

 

でも、どのお花がどの季節に流通しているかなんて分かりませんよね?

 

そんな時はお花屋さんに、その季節のすすめのお花を聞いてみましょう!

 

お花屋さんは、単に花束やアレンジメントを作るだけが仕事なのではありません。

 

色々なお花やお花同士の美しい組み合わせをおすすめする事も、お花屋さんの大事な仕事の一つなのです。

 

お客様のお好みを知り、そのお好みにぴったりと合う花束を作るというのが、お花屋さんの腕前なのです。

 

ですからお花屋さんに「その日のおすすめのお花はどれか?」、

「この時期の季節感のあるお花はどれなのか?」、など気軽に質問してみて下さい。

 

もちろん奥様の好きなお花を知っていれば、そのお花を使った花束がベストですよね!

 

その他、結婚式に使ったお花を覚えていると、そのお花を使った花束なら喜ばれる事間違いなしです!

 

 

予算について

結婚記念日の贈り物は他のお祝い事と違い、どちらかのお宅に持って行くものではないので、一般的な相場、というものがはっきりとはありません。

 

ご夫婦間での贈り物なので、ご予算も様々です。

 

でも、「どのくらいの金額で、どれくらい大きさの花束になるのか、見当もつかない」という方の為に、金額と大きさの目安を記しておきます。

 

3000円台はカジュアルな花束、という印象です。

 

サッと渡せるくらいの大きさになります。

 

5000円台の花束になると、豪華な花束、という印象になります。

 

ある程度長さが出てくるので、反対の手も添えて渡す、というくらいの大きさです。

 

10000円台の花束は、堂々とした風格がある花束になります。

 

お花もしっかりとしたもので、本数も増えてくるので、きちんと両手で渡す、というイメージをして下さい。

 

もちろんこの大きさは目安です。

 

使うお花の種類によってサイズは異なりますし、それぞれのお花屋さんによっても違ってきます。

 

予約について

「何色のバラを何本で」のように、渡したいお花が具体的に決まっている場合には、ご予約をお勧めします。

 

1週間ほど前に予約しておくと安心です。

 

予約をしない場合も、少し時間に余裕を持ってお花屋さんに行くようにして下さい。

 

花束でもアレンジメントでも、お客様と相談しながらお花を選び、制作し、完成するまでには約15ほどはかかります。

 

こればかりは、せかされて焦ってもいいものは出来ませんので、協力してくださいね。

 

まとめ

結婚記念日は年数を重ねるほど、その意味も絆も深まる特別な“記念日”です。

 

結婚をして数年もたつと、仕事や出産、子育てなど、日々忙しく、二人でお祝いどころではないかもしれません。

 

また、回を重ねるごとに、マンネリ化してしまっているかもしれません。

 

ですが、時々は言葉に出したり、思いを込めた贈り物で気持ちを伝えあってこそ、いい関係が長持ちするというもの。

 

さらに、大切に想われていると感じることで、女性は幸せになれます。

 

年に一度、結婚した日の気持ちに戻って、お互いの想いを確認しあい、また一緒に歩き始められるような、結婚記念日がそんな日にできたら素晴らしいですね。

赤いバラの花束を作っている手

結婚記念日の花束を作っている時は、いつもこんな想いを込めて作っていました。

 

どうぞ、これからも末永くお幸せに。

 

ふたりで永遠の愛を誓った結婚記念日が特別な一日になりますように。

 

お花を買う時に役立つブログ
ブログを書く時の必需品!おすすめアイテム⇩⇩⇩⇩⇩
コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事