2番花が咲いた、花菖蒲の生け花

先日、定期配達のお花で花菖蒲を使用した生け花を紹介しました。詳しくはこちら

花菖蒲をメインにした生け花

 

お花には、持ちのいいお花とそうではないお花があります。

 

花菖蒲はあまり日持ちのするお花ではありません。

 

お部屋の温度にもよりますが、

つぼみの状態で購入した場合、数日後には開花し、お花が咲いているのは2日間ほどです。

 

ただし、花菖蒲は2度咲きます

 

しかも、そんな難しい手間もなく、簡単に2番目のお花を咲かせることが出来るのです。

 

今回は、すぐにでも試したくなる、花菖蒲の2番目のお花の咲かせ方を紹介します。

 

 

お花が咲くまで

花菖蒲

こちらが花菖蒲です。

 

この段階では、かたいつぼみです。

 

ソリダスターを活ける

この日仕上げた生け花は、こんな感じです。

 

そして2日後。

開花した花菖蒲の生け花

 

開花しました。

 

さらにそのまた2日後には、お花はしぼんでしまいました。

 

お花がしぼんだら、そのお花の付け根部分を持ち、キュッとひねるようにすると、お花を取り除くことが出来ます。

 

そして待つ事、数日。

花菖蒲 2番目のお花

再びお花の先端から、紫色のつぼみの先が顔を出しました。

 

 

花菖蒲の2番花

 

 

その後、徐々に紫色の部分が大きくなり、

 

 

その翌日、開花しました。

2番花の 開花

花菖蒲のお花の2番花の咲かせ方は以上です。

 

とても簡単です。

 

咲き終えた1度目のお花をキュッと摘み取るだけです。

 

咲いた花菖蒲は、約2日ほどでしぼんでしまいますが、

2番花を咲かせてあげると約1週間ほど楽しむことが出来ます。

 

難しい技術などは何もありませんので、

花菖蒲を飾る際は、是非2番花までお楽しみください!

2番花が咲いた、花菖蒲の生け花

 

 

 

6月の第3日曜日は父の日!おすすめのお花を紹介しています⇩⇩⇩⇩⇩

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事