紅花を活ける

今週の定期配達のお花は、グリーンが多めの生け花です。

 

一口にグリーンと言っても、濃い目から淡い色合いまで様々ですが、

様々なバリエーションのグリーンを使用することで、より爽やかな仕上がりになります。

 

 

お花の紹介

粟

主になるお花は粟(アワ)です。

 

今週は、枝物が入っていませんでしたので、この粟を主に活けていきます。

 

 

 

バラ

メインのお花はバラです。

 

品種名は載っていなかったので不明ですが、

オーソドックスな筒状の、淡いピンクのバラです。

 

 

 

紅花

サブのお花は、紅花です。

 

夏らしい印象の、この時期によく使用される花材です。

 

 

 

軍配なずな

ニュアンスを出すのにぴったりなこちらの花材は、軍配なずなです。

 

軽い印象の細かなお花ですが、雰囲気作りに一役買ってれます。

 

 

 

ベビーハンズ

葉物は、ベビーハンズです。

 

 

 

花器を選ぶ

今回の花材は、ボリュームがそれほどありませんので、

投げ入れで活けてみようと思います。

 

選んだのは、こちらの花器。

回の字のような花器

漢字の『回』の字の様な花器です。

 

花器の奥行きがあまりないので、平面的になり過ぎないように注意しながら活けます。

 

 

 

お花を活ける

粟を活ける

まず、を活けます。

 

今回は、主に傾斜をつけた活け方です。

 

 

 

バラを活ける

次にメインのお花、バラを活けます。

 

バラ3本を角度や向き、長さに変化をつけて活けていきます。

 

 

 

軍配なずなを活ける

それから軍配なずなを活けます。

 

中央部分にふんわりと入れる事で、お花同士のつながりが出来ます。

 

 

 

ベビーハンズを活ける

その後、ベビーハンズを活けます。

 

グリーンを入れる事で、お花の輪郭や色合いが強調されます。

 

 

 

紅花を活ける

最後に紅花を足して、完成です。

 

今回は、淡いピンクのバラがメインなので、

紅花は、やや奥まった位置に入れていくようにします。

 

すると紅花のオレンジ色が主張し過ぎず、差し色としてバランスよく仕上がります。

 

 

 

まとめ

数種類のグリーンを使った、『グリーンが多めの生け花』は、

夏におすすめの爽やかな活け方です。

 

 

枝物、葉物、今回の軍配なずなの様なニュアンスのある草花、さらにはグリーンのお花など、

様々なグリーンを使用して、夏は生け花も爽やかに仕上げるのがおすすめです!

 

 

グリーンのお花に関してもっと詳しく知りたい方はこちら⇩⇩⇩⇩⇩

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事