和風なお花でクリスマスの生け花

今週の定期配達のお花は、『クリスマス用の生け花』をチョイスしてもらっているようです。

 

ただし、お花はとても和風です。

 

和風なクリスマスのお花を活けてみたいと思います。

 

 

 

お花の紹介

サンゴミズキ

まず、枝物のサンゴミズキです。

 

写真では少し分かりづらくなってしまいましたが、きれいな赤い色の枝物です。

 

生け花でもよく使用される枝物です。

 

その鮮やかな赤い色のため、特にクリスマスシーズンには重宝されます。

 

直線的な枝物ですが、簡単に矯めることも出来るので、創作意欲がかき立てられる花材です。

 

 

日本水仙

メインのお花は、日本水仙です。

 

上品さあふれる、可憐で美しいお花です。

 

そして香りもとても良いお花です。

 

更に、日本水仙の葉っぱは、はさみの背などで軽くなぞると、くるんっとカールして、

面白い表情を出すことが出来ます。

 

 

ソネットカーネーション

サブの花は、ソネットカーネーションです。

 

なでしこのように、平たく広がって咲くタイプのカーネーションです。

 

 

 

スターチス

サブのお花の2つ目は、スターチスです。

 

カサカサっとしたドライな質感のお花です。

 

 

 

飾り

そして、生花ではありませんが、シルバーの飾りです。

 

「今回配達したお花は、クリスマスっぽくしてね。」というお花屋さんからのメッセージでしょうね。

 

 

花器を選ぶ

今回は、サンゴミズキをどの様に使用するか?

 

直線的に使う、矯めて曲線を作る。

 

サンゴミズキは、ドライな花材として使うことも出来るので、お水には浸けずに花器の外側に使う、などさまざまな案が出てきました。

 

迷いましたが、えらんだのはこちらの花器。

投げ入れ花器

和の雰囲気がある投げ入れの花器です。

 

水仙のお花との相性がよさそうですね。

 

サンゴミズキは水に浸けずに使用しようと思います。

 

 

お花を活ける

十字留め

まず初めに、十字留めを作ります。

 

お花を思った位置に留める為に、水盤に活ける時には主に剣山を使います。

 

投げ入れの花器に活ける時には、この様な十字留めを作ってお花を留めます。

 

花器の口元より少し下に、枝物の使わない部分などを使って『突っ張り棒』のような仕掛けを作ります。

 

サンゴミズキを入れる

まず初めに、サンゴミズキで形を作ります。

 

サンゴミズキをしっかり矯めて十分に柔らかくしてから、2本を上下逆さにして絡め三日月の形を作ります。

 

 

日本水仙を入れる

次に日本水仙を入れます。

 

お花の紹介のところでも述べたように、水仙の葉っぱもお好みの形にカールさせることが出来ます。

ハサミの背側などを根元に近い方から葉先に向かって滑らすと、くるんっとカーブします。

 

慣れてくると、カールの強さや向きも調整することが可能です。

 

 

ソネットカーネーションを入れる

続いて、ソネットカーネーションを入れます。

 

最初に作ったサンゴミズキの三日月に沿って入れていきます。

 

 

スターチスを入れる

さらにその三日月の形を膨らませるように、スターチスも入れていきます。

 

 

飾りを入れる

最後に、シルバーのキラキラを三日月の形に添わせて入れて完成です。

 

 

まとめ

今回は、サンゴミズキを矯めて三日月の様な形を作り、

それをお水には浸けずに使用しました。

 

クリスマスツリーの様なオブジェを作ってみたり、

リースの様に丸く円を作ってみたり、

サンゴミズキは様々な使い方のできる花材です。

 

サンゴミズキを手にすることがあれば、自由に楽しく使ってみて下さい。

 

来週・再来週の定期配達のお花はお休みです。

 

次回は、12/29にお正月花の特別配達があります。

 

今年は、モダンな和風のお正月花や、リビングにもぴったりなアレンジメント風生け花など4種類のお花を活ける予定ですので、是非またご覧ください!

 

昨年までのお正月花はこちら⇩⇩⇩⇩⇩

お正月のお花の活け方に迷ったら?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事