生け花用のお花を月に3回配達してもらっているのですが、12月の最終週には定期配達のお花とは別に、希望者には迎春用のお花を配達があります。

 

今年は、玄関に飾る投げ入れのお花と、リビングに飾る盛花のお花をそれぞれ1杯ずつ注文しました。

 

こちらは、リビングに飾る盛花です。

 

お花の紹介

大王松

大王松です。

 

読み方は、ダイオウマツ・ダイオウショウどちらでも良いようです。

 

松の中でも一番長い葉を持つ種類で、葉の長さは20~30㎝ほどあります。

 

クジャクの羽のように放射状に広がる大王松は、和モダンや洋風のイメージのお正月のお花に向いています。

 

オリエンタルリリー

モダンな印象の大王松に合わせるのは、白のオリエンタルリリーです。

 

お花1輪が非常に大きいので、大王松の迫力に負けない凛々しさがあります。

 

バンダ

もう1つのメインのお花はバンダです。

 

ブルー系を中心にとても神秘的な色の多いランの仲間です。

 

お花に網目模様の入る事も多いですが、今回のバンダにはそこまでくっきりとした網目模様は見られません。

 

白いユリとの相性がとても良さそうです。

 

千両

そして玄関に飾るお花にも入っていましたが、お正月のお花には欠かせない千両です。

 

花器を選ぶ

足つき水盤

今回選んだのはこの足つきの水盤です。

 

少し前に、迎春のお半としても使えそうなお花、としてご紹介した定期配達のお花を活ける時に使用した花器です。

 

お水が入るのは上部の広がった部分のみで、剣山を入れて活ける『足つき水盤』です。

 

お花を活ける

大王松を活ける

まず、大王松を剣山の中央後方に配置します。

 

玄関に活けたお正月のお花で使用した枝若松とはずいぶん印象が異なりますね。

 

オリエンタルリリーを活ける

次に、オリエンタルリリーを活けます。

 

まだ完全には咲いていませんが、一番下のお花咲いた時に水盤の口元にお花が来るように長さを調整します。

 

バンダを活ける

その次に、バンダを活けます。

 

バンダは、色々な向きにお花が付いていますが、一番きれいに見える方向が必ずありますので、しっかりと見極めて向きを定めます。

 

さらにユリのお花の付いている方向や数のバランスから判断し、今回は向かって左側にバンダを入れました。

 

千両を活ける

最後に千両を入れて完成です。

 

今回は花材が少ないので、千両は剣山を隠す役割も兼ねて、花器の口元に左右にバランスを見ながら入れていきます。

 

ユリのお花がまだ十分に開いていないので、少し未完成な印象ですが、暖かいリビングに飾ってありますので、間もなく綺麗に開いてくることでしょう。

 

まとめ

いわゆる『お正月の生け花』という雰囲気のお花は、

「どこに飾ればいいの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、大王松は枝物という雰囲気の少ない松ですので、花瓶に活けてリビングに飾っても溶け込みます。

 

今回の大王松は、茎も非常に太く長さもありますが、もっとコンパクトなサイズの枝ぶりのものもあります。

 

例えば、コンパクトなサイズの大王松にチューリップやフリージアといったこの時期に出回る洋花を合わせて花瓶に活けるだけでも、十分にお正月の雰囲気が出せます。

 

「和室がないからお正月のお花を飾る場所に迷ってしまう。」という場合には、大王松を中心にお花選びをしてみるといいかもしれませんね。

 

ちなみに今回のお花は、¥3500+税金でした。

 

金額の内訳は分かりませんが、今回の大王松は非常に立派なので、そこそこの値段が付いていると思われます。

 

もう少し小ぶりで花瓶に活けやすいサイズの大王松ですと、先ほど述べたチューリップやフリージアと言ったお花を合わせてもお手頃価格で手に入りますので、チャレンジしやすいお正月のお花です。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


おすすめの記事